スペシャル対談 ものづくりを考える VOL.1

今回の対談では、受注産業と言われる印刷・製本業界の中でも、高い技術力とものづくり精神で様々な製本加工で付加価値を生み出している有限会社篠原紙工の篠原社長に、「提案型ものづくり」の秘訣や、製本業界への思いを語っていただきました。また、職人時代の貴重なお話や社長としての思いもお聞きしました。

prev

next

篠原紙工から見た明祥

工藤
篠原さんから見た明祥って、どんな感じですか?たくさんの印刷会社と付き合いがあると思いますが。
篠原
色々な印刷会社さんとお付き合いしていますが、何と表現していいかわからないけど、明祥さんみたいな会社はあまりないかなと思います。
工藤
「明祥さんみたいな会社」って、どんな会社ですか?
篠原
例えば、こんな「かみとあそぼ」というイベントをやるなんて、この規模で実際にやる所はないですよ。
僕が「こういうふうにしたいな」と色々話したことと、すごく似ているというか、もう既にやっているというか。そういう会社は本当に無いですよね。

img01

img02

工藤
何だろうな、なんでやりたかったんだろうな…。
篠原
僕があんなことをやりたい、こんなことをやりたいと言うと、周りからすると、異端児扱いなんですよ。「変わっている」という感じなんですよね。
工藤
私は、そんなふうに思わない。
篠原
でも、工藤さんを見ると、僕が考えていることも既にやっていたりするから。
工藤
俺も異端児になりたいね。「異端児」と呼ばれたい俺も(笑)。
篠原
呼ばれますよ(笑)。
工藤
カッコいいじゃないですか、異端児。でも、子供は異端児であってほしいですよね。
篠原
僕もそう思います。
工藤
私はすごく偏った子供観があるので、何でもオッケーなんですよね。ただ、電車の中とか新幹線の中で走り回るとか、そういうのはダメなんですよ。そういうことではなくて、今の親はすごく規制するじゃないですか。子供の行動範囲とか、やっていいこと悪いことを。そういうのがすごくイヤだなと思って、それが日本を悪くしているなという気がするんです。
クリエイティブな発想力のない親が、子供をどんどんつまらない人間にさせているというか、そうじゃなくて、もっと自由に好きなことをさせればいいと思うんですよね。あとは、本質的には、子供と遊びたいという、ただそれだけなんですけど(笑)。ぜひ、時間があれば「かみとあそぼ」に来てくださいよ。

img03

篠原
面白いですね。ぜひ参加させていただきます。
工藤
どれだけ来るかわかりませんけど、輪が広がっていけば、全然違う人が講師になって、子供たちに何か教えるプログラムとか、色々なものが開発されれば、「あそこは毎週やっているよね」という感じも、もしかしたらできるかもしれないし、ネットワークが広がっていけばいいなと思っています。

img04

対談を終えて

今回の対談で、「製本でお客様に感動をあたえたい」という篠原社長の強い思いを感じることができました。
篠原社長が職人として過ごした経験や築き上げた技術力が、提案型のものづくりを支えているのだと知ることができ、
可能性から考える姿勢が、ものづくりの可能性を広げる第一歩だと教わった気がします。
印刷と製本と工程は違えど同じ業界のものとして、篠原社長の秘話をお聞きすることができ大変勉強になりました。
今後も製本業界を牽引する会社として、篠原社長のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

prev

next

明祥サービスサイト まるサポ.com